中国輸入(タオバオ TAOBAO代行・アリババ Alibaba仕入れ Alibaba.com仕入れ)はFree Trade Business Clubにお任せ下さい!AmazonFBA納品対応!

中国輸入(タオバオ・アリババ)のFree Trade Business Clubのロゴ
中国輸入(タオバオ・アリババ)のFree Trade Business Clubのお問合わせ

03-6300-5745

中国輸入(タオバオ・アリババ)のFree Trade Business Clubのお問合わせ

info@free-trade-business-club.jp

営業時間:

平日10〜18時
土日メールのみ対応

中国輸入(タオバオ・アリババ)のFree Trade Business Clubのロゴ

アリババ 代行 alibaba 1688.com や タオバオ taobao たおばお で中国輸入をするためには? リサーチ方法やコツなどを解説します。

2022年04月20日

中国輸入・中国貿易は物販プレイヤーなら一度は検討したことのある仕入れ方法になるのではないでしょうか。

起業・副業・サイドビジネスとしても中国輸入・物販ビジネス・中国仕入れは人気があり、手堅いビジネスであるといえます。

さて、中国仕入れを初めてやる方、中国仕入れ・中国輸入を検討されている方向けに仕入れについて解説をしていきたいと思います。

どこで仕入れればいいのだろう」
「どういうルートでどうやって仕入れるのだろうか?そもそも輸入って何だろう」

ということの疑問を解説していきます。

・アリババ(alibaba・1688.com)とは
・タオバオ(taobao たおばお)とは
・アリババ代行 タオバオ代行ってどうやってやるのか

・中国輸入する際に知っておきたいリサーチ方法
・アリババ タオバオから仕入れて本当に利益が出るのか。

わかりやすく丁寧に解説をしていきたいと思います。

中国輸入の悩み事・初めてやる方向けに方法論をお伝えします!

中国輸入とは?

中国輸入についてまず、解説をします。

中国輸入とは、中国から中国現地の商品を仕入れて、日本の市場で売るということです。

通常、日本国内仕入れのネット通販会社は多いですが、パナソニックやソニー、キャノンや他日本メーカ商品からの
仕入れは、利益が大変薄く、利益率が売り上げの0.5%などといったことが多い市場となります。

中国輸入・中国貿易・中国仕入れであれば、利益率は20-30%前後、商材や施策によっては40-50%商品も出てくるというのが
大きな特徴になります。

なぜ、中国仕入れがいいかといいますと世界の工場であり、かつ日本と中国の距離はアジアでとても近く、地政学的にも
コスト優位性をより保てるからであるといえます。

海外通販サイトは他の国でもありますが、やはり中国仕入れの中国通販サイトである「アリババ alibaba 1688.com」や
「タオバオ taobao たおばお」が一番最適であるといえるでしょう。

中国輸入・中国貿易の仕入れ先について。

アリババ(alibaba 1688.com)
https://www.1688.com/

タオバオ(taobao たおばお)
https://world.taobao.com/

こちらが仕入れサイトとなります。

中国語検索となりますので、baidu翻訳を使って中国語変換したもので商品リサーチをするといいでしょう。

中国語翻訳サイト
https://fanyi.baidu.com/

商品リサーチはどういうジャンルをするのがいいかについて解説をします。

商品リサーチは、Amazonランキングを見るといいでしょう。

Amazon・楽天・ヤフーショッピングどちらでもいいと思いますが、Amazonランキングが見やすく、カテゴリーや階層としても
探しやすいので下記のあたりからリサーチをしていくといいでしょう。

Amazonランキング
https://www.amazon.co.jp/ranking?type=top-sellers&ref_=nav_cs_bestsellers

中国仕入れは実際に利益が出るか確認しよう。

スマホケースを例に見てみましょう。

スマートフォンケースは中国現地では10-15元くらいとなります。
日本円換算しますと約200-300円です。

日本市場でスマホケースの売価を見ると1280円~1880円くらいで売られています。

広告費用を差し引いても十分利益が出ることが確認できます。

物販ビジネスの中でも特に中国輸入ビジネスにおいては利益はある程度残せるということが言えるのではないでしょうか。

次にツールを活用しましょう。

Amazonのランキングを見るときはセラースプライトがおススメです。

セラースプライト
https://www.sellersprite.com/jp

アリババ(alibaba 1688.com)についてもっと知ろう。

アリババ 1688.comは中国国内向けのBtoB向けのECサイトとなります。

現地国内のBtoBサイトなので優良な仕入れ先も所属しています。
ロットが大きい商品もありますが小ロットで強いられるものもあります。

卸売りサイトという認識で理解としてはいいと思いますので代行会社を通して中国の卸サイトから商品を買うという流れとなります。

タオバオ(taobao たおばお)とアリババの違いとは?

タオバオ(taobao たおばお)は、中国国内におけるEC市場の取引総額約80%以上のシェアを占めている人気サイトです。
CtoC型を軸とした会員数5億人以上のショッピングモールです。

アリババ(alibaba 1688.com)との違いはBtoBかBtoC化の違いになります。

タオバオ(taobao たおばお)の方が単価が高くロットは小さいですが、
アリババ(alibaba 1688.com)の方が単価は安くロットは大きいという理解です。

中国輸入代行においては、アリババ(alibaba 1688.com)から仕入れるのが最適といえるでしょう。

続いて、中国輸入代行会社の特徴についてみていきましょう。

中国輸入においてかかる費用を列挙していきます。

【中国輸入でかかる費用の例】
・商品代金
・海外配送料(転送料金)
・関税、輸入消費税などの税金
・中国輸入代行会社の代行手数料

これが中国輸入にかかる費用となります。

こちらが仕入れの原価となります。

市場調査をした上でより、仕入れ原価が安い商品の方が利益が残ります。

日本市場の販売売価を見て、利幅をあらかじめ計算しておきましょう。

中国輸入代行会社にはどういう代行会社があるでしょうか?

・代行手数料が無料な輸入代行会社

FTBC(Free Trade Business Club)

当社が運営している「FTBC(Free Trade Business Club)」では、代行手数料無料で対応をしています。

FTBC(Free Trade Business Club)
https://free-trade-business-club.jp/

決済時の為替手数料が少し上乗せとなっております。

・海外配送料が輸入代行会社
FTBCは両方とも利用できますが、航空便・船便両方とも利用できる代行会社の方が色々な商品に対応ができるといえます。

・納品スピード・納期が早い輸入代行会社
納期は、代行会社によって全然違います。
遅い業者は1ヶ月以上かかりますが、早い業者は1-2週間で現地から出荷します。

FTBCは2-5営業日前後で基本的には出荷するケースは多いです。

FTBC(Free Trade Business Club)
https://free-trade-business-club.jp/

中国輸入代行会社への依頼方法はどうすればよいでしょうか?

中国輸入代行会社は、基本的にオーダーシートというエクセルファイルを用意しているので、
アリババ(alibaba 1688.com)やタオバオ(taobao たおばお)の商品URLをエクセルシートに張り付けて、
代行会社に提出すれば請求書を送ってくれます。

送金後に現地に発注という流れとなります。

中国輸入代行会社を選ぶ際の気を付けるべきポイントを解説します。

中国輸入代行会社を選ぶときは日本法人運営の会社を選びましょう。

過去に、最初はちゃんと仕事したけれど、発注金額が増えたときに逃げられたというお客様を何社か伺ったことがあります。

現地に送金をして、返事が取れなくなると対応する手段がありません。

法治国家である日本国内で解決ができる日本法人運営・日本人スタッフの運営会社に依頼しましょう。

当社では、2013年から運営している老舗ですのでFTBCもおすすめとなります。

FTBC(Free Trade Business Club)
https://free-trade-business-club.jp/

中国輸入代行会社に仕入れ以外で依頼できることについて解説します。

中国輸入代行会社には、仕入れ以外にもいくつか利用するメリットがあります。

・タグ付け
・OEM
・簡易OEM
・AmazonFBA納品代行
・AmazonFBAラベル貼り
・商品リサーチ
・価格交渉
・OPP梱包
・工場調査
・商品仕入れ先調査
・カスタマイズ
・組み立て
・動作確認
・船便輸送
・転送サービス

など現地でしかできないことを対応してくれるのが代行会社となります。

ただ、対応できない代行会社もありますのでご注意ください。

当社、FTBC(Free Trade Business Club)ではすべてに対応しています。

FTBC(Free Trade Business Club)
https://free-trade-business-club.jp/

OEMについて

また、昨今のネット通販は差別化したOEMをしないと強豪に勝負で勝てないというケースが市場の中であります。

OEMについてはどこに依頼すればよいのでしょうか?

これはOEM経験が豊富な代行会社に依頼をする必要があります。
OEMできるといっても仕入れ先の品質やロット・単価などがレベルが低い会社は多数ありますので見極めが必要です。

OEM代行のスペシャリスト
Amazon物販革命の「amaKAKU」
http://amakaku.com/

こちらは当社サービスですが素人から玄人まで丁寧にレクチャーしていきます。

OEM代行・ODM代行経験が豊富な代行会社に依頼をしましょう。

海外輸送が難しい商材もチェックしておこう。

・バッテリー
・化粧品、液体、クリーム
・スプレー
・薬事法に関わる商品(医療器具など)

通関で止められてしまう商品はなるべく避けた方がいいでしょう。

無在庫販売について
無在庫販売はやっているセラーさんはいますがあまりおすすめしません。

理由は売れてきたときにエンドユーザーさんに迷惑がかかることがあるからです。
レビューが荒れてしまい、中国輸入ビジネスの継続性に差し障りがあります。

タオバオ・アリババから中長期的な安定仕入れをするには代行会社に依頼をするのが一番安心でしょう。

aliexpressについて(アリエクスプレス)

こちらはクレジットカードで個人でも購入ができるサイトになります。
アリババグループですがあまり評判はよくありません。

在庫管理や商品単価が高く、販売セラーも対応がよくないようです。

中国輸入をするならば、アリババ代行か、タオバオ代行が圧倒的におススメとなります。

国輸入の注意点

著作権侵害となるコピー品や違法となるような商品も中国で仕入れができますが税関で止まってしまい、
ビジネスに支障が出ますのでそのあたりは、昨今のネット通販事情をしっかりと認識して仕入れを行うように注意をしてください。

物販ビジネスは国内仕入れだと仕入れ資金次第となりますが、中国輸入の場合は、利益率が高いため、
チャレンジがしやすく、売れてくるとキャッシュフローもそこまで大変ではありません。

ぜひ知見を増やし、中国輸入・アリババ代行・タオバオ代行・中国仕入れで活躍していってください。

何かご相談事項は当社までお気軽にご相談ください。

FTBC(Free Trade Business Club)
https://free-trade-business-club.jp/

それでは、よろしくお願いいたします。

運営会社

Free Trade Business Club(FTBC)

2013年より中国輸入代行会社としてスタートし、中国仕入れ実績10000件以上の事例。
10年以上の経験で、お客様の中国輸入ビジネスをサポートします。