中国輸入(タオバオ TAOBAO代行・アリババ Alibaba仕入れ Alibaba.com仕入れ)はFree Trade Business Clubにお任せ下さい!AmazonFBA納品対応!

中国輸入(タオバオ・アリババ)のFree Trade Business Clubのロゴ
中国輸入(タオバオ・アリババ)のFree Trade Business Clubのお問合わせ

03-6300-5745

中国輸入(タオバオ・アリババ)のFree Trade Business Clubのお問合わせ

info@free-trade-business-club.jp

営業時間:

平日10〜18時
土日メールのみ対応

中国輸入(タオバオ・アリババ)のFree Trade Business Clubのロゴ

中国輸入 代行会社仕入れは儲からない!?稼げない5つの理由とその対策についてお教えします!

2022年05月18日

中国輸入ビジネスは物販として認知されている他、副業や起業などをする方が事業として立ち上げる
ケースも多いです。

理由としては、以下があげられると思います。
などがあげられますね。

一方で、稼げないという話もよく聞きます。
など中国輸入×物販ビジネスに参入したはいいものの、売れなくて撤退をしたというケースもよく事例として聞きます。
中国輸入ビジネスで稼げるならやりたいが、稼げるかわからないという方もいるのではないでしょうか。

そこで、当社が2013年より中国輸入代行会社としてスタートした経験を踏まえて、中国仕入れ実績10000件以上の事例を
踏まえて、中国輸入ビジネスで稼げない理由とその対策についてお伝えします。
を書いていきます。

中国輸入ビジネスとは

中国輸入ビジネスは、タオバオやアリババ、1688.comなどで仕入れて日本で販売するというビジネス

まずは、中国輸入ビジネスとはどういうビジネスかを改めて知ろう。
中国輸入ビジネスとは、中国から物を仕入れ日本で販売するというビジネスとなります。
主な仕入れ先は、タオバオ、アリババ(1688.com)が主流になると思います。
タオバオ
https://world.taobao.com/

アリババ(1688.com)
https://1688.com/

日本の販売先は、主に、amazon、楽天、ヤフーショッピングが主流になるかと思います。

Amazon.co.jp
https://www.amazon.co.jp/

楽天
https://www.rakuten.co.jp/

ヤフーショッピング
https://shopping.yahoo.co.jp/?sc_i=shp_pc_top_MHD_logo

昨今、無在庫販売というのも流行っているようですがこちらはお勧めしません。
簡単で効率的というものは思いのほか、中長期的なビジネスとならず、淘汰されてしまうものです。
無在庫販売において成功しているところは規模感はそこまでいっていないのが実態でしょう。

スキームが極めて不安定であるからです。
きちんと在庫コントロールはしつつ、一定の仕入れをして安定的に中国輸入ビジネスをするのが得策と言えます。

物販ビジネスは王道が一番です。

中国のショッピングサイトは上記2つを抑えておけばよいでしょう。

アリエクスプレス(aliexpress)というのもありますが、こちらもおススメしません。
という理由で中長期的なビジネスには向いていません。

中国輸入ビジネスでは、中国のショッピングサイトはタオバオ・アリババから仕入れ、
日本販売は3大モールが鉄板と言えるでしょう。

中国輸入ビジネスの特徴は、安く仕入れられること、にあります。

中国輸入は代行会社から仕入れるのが王道

中国輸入は、代行会社から仕入れましょう。

個人で自分で仕入れていたり知り合いの中国人に頼むという方法もありますが、
日本法人を持っている代行会社に仕入れをするのが無難です。

お金を送金しますので法的に守られている「日本法人の中国輸入代行会社」にしましょう。

中国輸入代行業者の選び方

中国輸入代行会社のおすすめは以下です。

Free Trade Business Club(FTBC)
http://free-trade-business-club.jp/

当社が経営している代行手数料無料の代行会社です。
10年以上の経験から個別に売上相談なども行っています。
DABDA
https://www.dabada.jp/import/

ヲヲフェニックス
https://wowophoenix.com/

ひなか
http://www.hinaka.jp/

この辺りの老舗を抑えておくとよいでしょう。
当社は世界の工場の最も中心地となる「深圳」に現地事務所を持っています。
ハブとなる深圳に構えることであらゆる仕入れ先からの商品が早く届きます。

中国は日本と違い国土が広いため、国内配送にも時間がかかります。

中国輸入代行会社を選ぶときは「現地事務所が中心地にあるかどうか?」を見ておきましょう。

広東省にあると一番早いと思います。納期は重要なポイントとなるため、見定めましょう。

中国輸入ビジネスは差益分で稼ぐビジネス

中国輸入ビジネスは差益で稼ぐビジネスでありますが一例を見てみましょう。

・スマートフォンケース

仕入れ原価:10元(200円)
販売売価(アマゾン)1280円


粗利益で1000円ほどあります。
ここから配送料、販売モールの手数料などが引かれます。

厳密には、海外配送料や関税もあるため、それが引かれた最終利益が純利益となります。

中国輸入ビジネスは仕入れる量によりコストも変わってきますので意識をしていきましょう。

中国輸入ビジネスで儲からないパターンとは。

中国輸入ビジネスで儲からないケースを認識しておきましょう。
仕入れ方・売り方の両方を兼ね備えた業界で唯一のサービスを行っています。
Amazon販売は初心者から5億円販売プレイヤーの方まで利用しています。
Amazon物販革命 amaKAKU(アマカク)
http://amakaku.com/

商品がよくても売り方がわからないと売れない時代になってきています。

ネット通販市場は17兆円以上といわれていますが、まだまだ増えてきます。

参入者も増えてきているため「他社と差別化した販売」をしないと中々思うように成果が出ません。

ネット通販の全てを教えているサービスもありますので、ご興味あれば、こちらお問い合わせください。

OEM×Amazon販売でトップセラーを取るための施策を教えています。
仕入れも当社がついていますので百人力です。
Amazon物販革命 amaKAKU(アマカク)
http://amakaku.com/


販売モールは下記がおススメです。各販売モールの市場規模を見ていきましょう。

販売モールは、Amazon、楽天、ヤフーショッピングが市場規模が大きいのでおススメ。

Amazon.co.jp:市場規模3兆円前後
https://www.amazon.co.jp/

楽天:市場規模3兆円前後
https://www.rakuten.co.jp/

ヤフーショッピング:市場規模8700億円前後
https://shopping.yahoo.co.jp/?sc_i=shp_pc_top_MHD_logo

Amazonと楽天の2強で、ヤフーショッピングは1/3程度の市場規模となります。

au payマーケットやポンパレモールもありますが、まずはこの3大モールを抑えておけばよいでしょう。

中国輸入代行会社の特徴とは。

中国輸入代行会社にはいくつか特徴があります。

一見、代行手数料や海外配送料だけを見がちですが実はHPに記載されていない経験値があります。
代行会社の目的は、仕入れをしてもらうことです。

仕入れにまつわることはいろいろ言えますが販売方法については全く分かっていません。
現地仕入れ会社と認識しておく程度でよいでしょう。

実際のネット通販ビジネスやっている代行会社がいればこれは本物です。

売り方や酸いも甘いも知っています。
こういう業者がいたらアドバイスは的確だと判断ができます。

中国輸入代行会社の9割は仕入れ機能だけの会社になりますが、一部OEM対応や、販売コンサルもやっている会社には、
仕入れ以外にもいろいろ相談してみるとよいでしょう。

当社は川上から川下まで全てやっています。

Amazon物販革命 amaKAKU(アマカク)
http://amakaku.com/

OEMとは。

特にOEMは重要となります。

今後発展していくための壁と言えるでしょう。
OEMはできると書いている代行会社はありますが、実際に、品質やロット、仕上がりなどに大きな差があります。

工場を調査する力がないと高品質商品を仕入れることができないためです。

多くの代行会社は1688.comやタオバオの仕入れセラーに依頼して、OEMをしてもらいます。
生産ラインや規模感やカスタムのレベルによっては品質が悪い商品が出来上がるケースは多々あります。

輸入代行業者はどこをみて利用を決めていますか?

OEMをする場合は、「現地工場調査ができる代行会社か?」を見る必要があるでしょう。

当社は優良工場との提携ネットワークを膨大に有しており、10年の経歴からどのジャンルでもどの商品でも
ロット交渉・単価交渉をまとめ上げることができます。

2020年1月にはマスク工場200社にあたり、経済産業省などと連携して医療物資支援行ったものです。

OEMご希望の方はこちらからお問い合わせください。


OEM×Amazon販売でトップセラーを取るための施策を教えています。
仕入れも当社がついていますので百人力です。

Amazon物販革命 amaKAKU(アマカク)
http://amakaku.com/

中国輸入ビジネスで稼げない理由と対策

販売方法を知ろう。

販売方法についてみていきましょう。

商品選定が重要に見えるかもしれませんが中国輸入ビジネスにおいて、実は、最も重要なのは、
「販売の仕方」になります。つまり、売り方です。

ここを教えてくれる業者はいません。

当社は唯一そこを教えます。

・市場調査の仕方販売の仕方。SEO対策、検索エンジンの仕組み、広告運用の仕方と意味。インパクト。商品LP構成やその構成と市場調査の連動から構成を思案。訴求ポイントの列挙、決定。

など消費者心理つかむためのAtoZをすべて把握しています。
ここがないと売れる商品でも競合が多い時点で売ることができません。

市場調査をしよう。

商品選定についても重要ですが市場調査をしてからがいいでしょう。

商品選定は代行業者にも相談してみよう。

商品選定については代行会社にも相談してみるといいかもしれません。
普通はただの仕入れ代行会社ですがOEMやっている会社はいいアドバイスがもらえるかもしれません

当社ならお客様を勝たすことができます。


OEM×Amazon販売でトップセラーを取るための施策を教えています。
仕入れも当社がついていますので百人力です。

Amazon物販革命 amaKAKU(アマカク)
http://amakaku.com/

中国輸入代行会社から仕入れた最終原価と販売売価を想定しよう。

また、中国輸入ビジネスにおいて重要なのは、やはり利益です。

利益率はしっかりと見ておきましょう。

1ページ目までに上がった後は、売価を上げて利益率を上げるといいでしょう。

細かいハウツーに興味のある方はこちらにお問い合わせください。

Amazon物販革命 amaKAKU(アマカク)
http://amakaku.com/

ワンランク上のセラーへと導いていきます。

それでは、一般的な仕入れはぜひとも中国輸入代行会社のFTBCにご依頼ください。

Free Trade Business Club(FTBC)
http://free-trade-business-club.jp/

お読みいただきありがとうございました。

運営会社

Free Trade Business Club(FTBC)

2013年より中国輸入代行会社としてスタートし、中国仕入れ実績10000件以上の事例。
10年以上の経験で、お客様の中国輸入ビジネスをサポートします。